岡田のピンチで小林が絶妙の間 満塁2球連続ボールでマウンドへ

[ 2017年3月9日 05:30 ]

WBC1次ラウンドB組   日本4―1オーストラリア ( 2017年3月8日    東京D )

<オーストラリア・日本>2番手で登板した岡田
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの小林が絶妙の間の取り方で絶体絶命のピンチをしのいだ。5回1死一、二塁で登板した2番手の岡田が4球連続ボールの四球で満塁のピンチを背負い、さらに2球連続ボールとなった時点でマウンドへ。「自信を持ってど真ん中に投げてこい」の言葉に、開き直った左腕は外角直球で二ゴロ併殺に仕留めた。

 「間を取りたかった。状況に流されず、自分の投球をしてくれてた」と小林。岡田も「気持ちが先走っている状態だった。間合いを取ってもらえ、お客さんの声援がストライクゾーンにボールを送ってくれた」と感謝していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年3月9日のニュース