ロッテの先発枠争い明暗…二木4回無失点、関谷は3回3失点

[ 2017年3月9日 05:30 ]

オープン戦   ロッテ2―3阪神 ( 2017年3月8日    甲子園 )

 先発枠入りを目指すロッテの両投手は、明暗が分かれた。5回から3番手で登板した二木は4回無失点。「決め球がいいところに決まった」と8回には直球とフォークで3者連続三振を奪い、伊東監督も「何とか残ったね」。

 先発した関谷は3回3失点。球が高めに浮く苦しい投球で、予定していた5回を投げきれず「低く投げないと自分みたいな投手は抑えられない。チャンスをもらったのに…」と唇をかんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月9日のニュース