栗山監督の見解 WBCで大谷“リアル二刀流”は「難しい」

[ 2016年11月25日 06:09 ]

優勝祝賀会であいさつする栗山監督
Photo By スポニチ

 日本ハムの栗山監督は来年3月に開催されるWBCでの大谷の起用法についても言及した。

 投打で同時に出場する「リアル二刀流」を、国際舞台で解禁するかが注目されるが「難しい。70、80球の球数制限があり、あの(滑りやすいとされる)ボールだと(大谷)翔平は3回ぐらいまでしか投げられない」と個人的な見解を語った。

 二刀流は試合だけでなく調整から大きな負担がかかる。それだけに指揮官は、故障防止のために常に細心の注意を払っている。侍ジャパンの首脳陣も本格的に預かった経験がない二刀流だけに、「もし(大谷が)選ばれたら使い方も含めて提案する」と、大谷の取り扱い方法について、引き続き協力していく意向だ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年11月25日のニュース