広島 倉と広瀬が 今季限りで引退

[ 2016年9月20日 16:01 ]

引退を発表した広島の倉(左)と広瀬

 広島は20日、倉義和捕手(41)と広瀬純外野手(37)の今季限りでの引退を発表した。

 倉は京都産業大から97年ドラフト5位で入団。黒田の米ドジャース移籍前に“専属捕手”として活躍。今季から2軍バッテリーコーチを兼任していた。

 広瀬は法政大から2000年ドラフト2位(逆指名)で入団した。10年にはゴールデングラブ賞を獲得。13年には今なおプロ野球記録である15打席連続出塁を達成した。両者とも今季はこれまで1軍での出場はなかった。引退記者会見の日時は未定。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年9月20日のニュース