ロッテ平沢 打撃練習中頭部に死球 病院で検査も「問題なかった」

[ 2016年1月21日 14:46 ]

 ロッテドラフト1位・平沢(仙台育英)が21日、自主トレ中のさいたま市のロッテ浦和球場で打撃練習中、頭部に死球を受けた。

 すぐに立ち上がり笑顔を見せ「大丈夫です」と話したが、ヘルメットをかぶっていなかったため、検査を受けるため病院へ向かった。

 平沢は戸田市内の病院で検査を受け、骨に異常はなく右側頭部打撲と診断された。22日の新人合同自主トレも参加し通常メニューを行う予定。その後、自身のツイッターを更新し「心配かけてすいませんでした。 頭は問題なかったのでまたがんばります!!」とファンに報告した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年1月21日のニュース