大谷 体重100キロ到達!ダル助言で1日6、7食「凄く勉強になった」

[ 2016年1月7日 05:30 ]

バットを手に笑顔の大谷。分厚くなった胸板が際立つ

 日本ハム・大谷翔平投手(21)が6日、千葉県鎌ケ谷市の2軍施設で自主トレを公開。このオフは体重の大幅増を目標に掲げていたが、人生初の100キロに到達したことを明かした。昨年末に球団OBであるレンジャーズのダルビッシュ有投手(29)から体づくりの助言を受けて、1日6、7食の食生活を続けていた。今季の目標を表す漢字一字に選んだのは「超」。投手3冠に輝いた昨季の自分超えでチームを4年ぶりの優勝へと導く。

 分厚い胸板、丸太のような二の腕。アンダーシャツの上からでも、その迫力は伝わってきた。2016年の始動。大増量をテーマに掲げていた大谷が、人生で初めて体重が3桁の大台に到達したと明かした。

 「だいぶ体重は増えてきた。オフに入ってから7、8キロ。上半身、下半身、体幹、全体的に大きくなっている。(今の体重は)100キロくらいです」

 昨年12月。元背番号11の先輩、ダルビッシュと合同トレーニングを敢行し、体づくりの助言を受けた。「栄養面、トレーニングを含めて、正しい練習をどれだけこなせるか重点的にやっていて、凄く勉強になった」。好物のお菓子、甘い物を封印し、プロテイン摂取などを含め1日6、7食の食生活を続けた。昨年11月の「プレミア12」終了後は「93、94キロ」だったが、トレーニングも並行し、みるみる体は大きくなった。

 「あともうちょっと、2、3キロは増やせれば」。1月中旬まで増量を続けるが、2月の米アリゾナキャンプ中盤をメドに「98、99キロ」まで絞り、より洗練された肉体をつくり上げる。「もう一つ高いパフォーマンスを探していきたい」。昨季は投手3冠、ベストナインを獲得したが、打撃成績は落とした。昨季の数字で満足するわけにはいかない。投打ともにパワーアップした二刀流でチームを優勝に導く。

 ランニングやキャッチボールで汗を流した後、マシン打撃などでバットを振り込み、今年を表す漢字一文字には「超」と記した。「去年を絶対超えたい。(各部門の成績を)一つと言わず二つ超えられるようにやっていきたい」。07~11年のダルビッシュ以来の2年連続開幕投手についても「ふさわしいと思われる調整をしたい」と意欲をみせた。

 この日、札幌市での講演後に大谷の100キロ到達を伝え聞いた栗山監督も「中心となってやらないといけない。数字はいらない。優勝というタイトルを獲らないといけない」と期待した。大谷も分かっている。「優勝する過程で一番必要だったと思われる選手になりたい」。これまでの自分を超え、必ず4年ぶりの優勝をつかみ取る。 (柳原 直之)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年1月7日のニュース