イチロー、来季も打席数で出来高 年俸合せ最高で6億円も

[ 2015年10月10日 05:30 ]

マーリンズ・イチロー

 メジャー通算3000安打にあと65本としているマーリンズのイチロー外野手(41)の来季契約に、今季と同じく打席数に応じた出来高払いが加わっていることが8日、判明した。

 250、300打席に達した場合にそれぞれ30万ドル(約3600万円)、その後も50打席ごとに上限の600打席まで40万ドル(約4800万円)が支払われる。今季の出来高払いは300打席からだったが、条件は緩和。仮に600打席以上立てば、出来高は300万ドル(約3億6000万円)で、年俸200万ドル(約2億4000万円)と合わせて約6億円を手にする。

 今季は控え外野手の位置づけながら、主力の故障によって2年ぶりに400打席に到達。17年シーズンは球団に選択権があるオプション付きで、マイケル・ヒル球団本部長も「まだまだ貢献できると思っている」と戦力として期待している。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年10月10日のニュース