由規 決意の連日ブルペン 4年ぶり1軍登板目指す

[ 2015年1月4日 22:03 ]

 ヤクルトの由規投手が4日、仙台市内で公開した自主トレーニングでブルペン入りし、早くも捕手を座らせて37球を投じた。右肩の手術から昨年6月に実戦復帰し、4年ぶりの1軍登板を目指す今季へ「勝負の年。先発ローテーションをつかみにいかないといけない」と決意の表情を見せた。

 春季キャンプの1軍メンバーに入るため、マウンドでの投球練習は新年早くも3度目で「傾斜の感覚と、投げる体力をつける」と説明する。兄の史規さんを捕手役に入念に球筋を確認し、カーブやスライダーも投じた。

 初詣でのおみくじは大吉だったそうで「ことしはやってやるぞという気持ち」と復活を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月4日のニュース