平野佳 6年連続60試合以上登板する!タイトルへの思い封印

[ 2015年1月4日 05:30 ]

 昨季パ・リーグ新記録の40セーブでタイトルを獲得したオリックスの守護神・平野佳が、京都府久御山町のNTT淀総合運動場で同僚の岸田とともに自主トレを公開。

 岸田とともにウエートトレーニングなどで汗を流した平野佳は、タイトルへの思いを封印した。昨季はパ・リーグ新記録となる40セーブを挙げ、最多セーブのタイトルを獲得したが、「記録は目指さない。優勝を狙える位置に付けたら、ついてくるもの。あと2、3個になったら考えます」と、2年連続のセーブ記録更新に色気なし。それよりも「60試合は投げたい」と6年連続60試合以上の登板をノルマとしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月4日のニュース