エンゼルス、通算192本塁打のハミルトンを放出か

[ 2015年1月4日 13:29 ]

エンゼルスのハミルトン(左)はコーチにヒゲを引っ張られる (AP)

 米メディアは3日、エンゼルスがジョシュ・ハミルトン外野手(33)の放出を検討していると伝えた。

 13年から5年総額1億2500万ドル(約150億5千万円)の大型契約をエンゼルスと結んでいるハミルトンだが、その契約の2年目となる今季は故障に苦しみ89試合の出場で打率2割6分3厘、10本塁打、44打点と不本意なシーズンを送った。

 契約を最後まで満了させるつもりのないエンゼルスは今オフに少なくともパドレス、そしてハミルトンの古巣・レンジャーズとトレードの交渉を行ったという。しかし、ハミルトンはトレード拒否権を持っており、また、来季からの活躍を期待してチームにとどめておく可能性もあるとしている。

 メジャー通算8年で打率2割9分2厘、192本塁打、676打点という数字を積み重ねたハミルトンはメジャーデビュー前の04年から2年間、薬物更生施設に出入りして、アルコールとコカインの依存症を克服した過去を持っている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月4日のニュース