阿部 最高の“相棒”探し!ファーストミット4種発注

[ 2015年1月4日 09:09 ]

 巨人・阿部が最愛のファーストミットを探す。15年目の今季、捕手から一塁に転向。「複雑な動きもあって難しい」とする守備に対応するため、契約するミズノ社にネット部分の異なる4種類のミットを発注した。

 編み込まれた投手用に似たものや、縦に2本、横に1本革を張ったものなど多彩だ。2月の沖縄での2次キャンプでは名手・井端が行う早出特守に参加し、ゴロ捕球や送球を受ける練習を数多くこなして最も合う形を探る。

 昨季初めて一塁の守備に就いた8月7日DeNA戦(横浜)では不慣れな守備で拙守を連発したが、徐々に慣れていった。「捕手だとリードや配球をどうするか中心になるけど、一塁だと打撃に集中できる」。昨季不振に終わった打撃を復活させるためにも、相性抜群の相棒を見つける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月4日のニュース