今季は“当たり年”史上最多4人目!ロッテ益田が1球勝利

[ 2014年9月10日 08:38 ]

<ロ・西>延長11回1死一、二塁から福浦はサヨナラ打。1球勝利の益田は惜しみなくウイニングボールをスタンドに投げ入れる

パ・リーグ ロッテ3-2西武

(9月9日 QVC)
 ロッテ・益田が2―2の延長11回、2死二塁の場面で5番手としてマウンドに上がり、代打・渡辺を直球で二ゴロに打ち取った。チームはその裏、福浦のサヨナラ打で劇勝。益田は史上38人目の1球勝利を挙げた。

 ロッテでは05年山崎に次ぎ5人目。なお、今季の1球勝利は4人目で00、01、04、07年の3人を抜く最多人数になった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月10日のニュース