消える「Kスタ」…新命名権、全国で募集開始

[ 2013年11月6日 06:00 ]

 宮城県は5日、日本製紙が保有している県営宮城球場の愛称の命名権(ネーミングライツ)について、全国の企業を対象に新たなスポンサーの募集を始めたと発表した。

 期間は12月4日まで。日本製紙が年内で満了する契約を更新しないためで、08年から親しまれた「日本製紙クリネックススタジアム宮城(Kスタ宮城)」の愛称は今年いっぱいで変更される。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年11月6日のニュース