JR東日本・吉田 貫禄11K DeNA高田GM「1位候補」

[ 2013年7月15日 06:00 ]

<王子・JR東日本>力投するJR東日本先発・吉田

第84回都市対抗野球1回戦 JR東日本2―0王子

(7月14日 東京ドーム)
 今秋ドラフト1位候補のJR東日本・吉田が8回2/3を2安打無失点。9回2死三塁、完封目前での降板となったが11奪三振の力投で2回戦に駒を進めた。

 最速143キロの直球を両サイドに投げ分け、要所でチェンジアップとスライダーを低めに決める危なげない内容。1メートル91の長身右腕は「丁寧にという意識で投げたのが結果につながった。特にチェンジアップが良かった」と充実の表情を浮かべた。

 社会人1年目の昨年は準優勝に大きく貢献。今年はチームの2年ぶり優勝を見据えてスタミナを強化してきた。評判通りの投球を西武・鈴木葉留彦球団本部長は「落ち着いて投げていた。まとまっている」と評価。DeNAはスカウト総出で視察し、高田繁GMが「直球、変化球、制球、テンポのどれもいい。間違いなく1位候補」と絶賛した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月15日のニュース