浅村 つなぎの“4番打” 62打点はリーグトップ快走

[ 2013年7月15日 06:00 ]

<楽・西>3回1死一、三塁から浅村は左前適時打

パ・リーグ 西武5―2楽天

(7月14日 Kスタ宮城)
 西武はつなぎの打線が本領を発揮した。3回1死から5連打で4点。

 ダックワースが得点圏に走者を背負うとカーブを多投するデータを各自がインプットし、甘いカーブを全て単打でつないだ。先制適時打の浅村は今季62打点目でリーグトップを快走。5月29日から務める4番での打率は・384となり「うまく打てた。疲れも感じないし、チャンスで集中できている」と手応えを口にした。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月15日のニュース