若手に伝統を学んでほしい 岡崎2軍監督が発案

[ 2013年5月10日 06:00 ]

二軍の選手たちを激励する長嶋茂雄終身名誉監督(右から4人目)
Photo By スポニチ

多摩川グラウンドに長嶋さん

 多摩川グラウンドでの練習を発案した岡崎2軍監督は「この場所に来たこと、名誉監督がわざわざ来てくれたことを、いろんな思いで感じてくれたと思う。次に生かしてほしい」と話した。

 自身もプロ1年目の80年から5年間は多摩川で泥にまみれ「あの場所で長嶋さんがノックを受け、王さんが打撃をしたんだといつも感じながら過ごした」という。多くの若手選手がグラウンドの場所、歴史を知らないと知り「この場所を知ってほしかった」と説明。今後は、選手が入れ替わる数年後の開催を熱望した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年5月10日のニュース