大塚 日本球界復帰!最後の登板から6年…前例なきカムバック

[ 2013年5月10日 08:00 ]

第1回WBCで守護神として日本を優勝に導いた大塚

 右肘の故障で07年7月1日を最後にマウンドから遠ざかっている元レンジャーズの大塚晶則投手(41)が日本の独立リーグで復帰することが9日、分かった。6年間で計6度の手術を受けた同投手は壮絶なケガとの闘いを激白し、昨年は左投げに挑戦していたことも明かした。06年第1回WBCで胴上げ投手にもなった守護神は、前例のないカムバックを目指し、今月下旬に米国から帰国する。

 日米通算176セーブをマークした大塚がマウンドから姿を消して、もう6年になる。41歳になった右腕は今年3月、自宅がある米サンディエゴで投球練習を再開。1日置きで、現在は傾斜があるマウンドからも投げられるようになった。

 「ピッチングを始めて間もないですけど、いいボールがいっているのは確か。この6年間でこの段階まで来たことは一度もなかった。以前のように投げられるイメージが80%まで来ている」

 幾度となく絶望の淵に突き落とされた。孤独なリハビリは2000日以上に及ぶ。一向に回復しない右肘。「発狂して壁をぶち壊したこともあった」という。昨年は左投げにも挑戦していた。

 6度目の手術から3カ月が経過した昨年2月、キャッチボールを始めると右肘を激痛が襲った。「終わったと思った」。そんな時、あるDVDを見た。「両腕のない中国の少年が足でピアノを弾いていた。凄いなと。俺もまだ左腕があるじゃないかと」。それから毎日300~500球の練習。最初は4~5メートル先の的にも当たらなかったが、そのうち70メートルまで投げられるようになった。

 左投げに挑戦してから5カ月後、久しぶりに右で投げたところ痛みが消えた。ただ、この時点でも「復帰できるイメージは2%ぐらい」。転機は今年3月10日、サンディエゴでのハーフマラソンに出場した全盲セーラーの岩本光弘さん(46)の伴走役を務めたこと。レースまでの1カ月間、週2日は一緒に走り、再びケガと立ち向かう勇気がわき上がった。

 「マラソンが終わったら、どれだけ痛くても思い切り投げてみようと決心した。これでダメなら仕方ない。そうしたら、投げるたびに驚くほど状態が上がっていった」。41歳は不屈の41歳は不屈の精神で、奇跡を起こそうとしている。

 ◆大塚 晶則(おおつか・あきのり)1972年(昭47)1月13日、千葉県生まれの41歳。96年ドラフト2位で近鉄入団。98年に最優秀救援投手賞を獲得。03年に中日に移籍。同年12月にポスティング・システム(入札制度)でパドレスと契約、06年から2年間はレンジャーズでプレーした。06年の第1回WBCでは守護神を務める。1メートル82、92キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2013年5月10日のニュース