大谷の投手メニュー再検討へ「思っている以上に疲れが」

[ 2013年4月3日 06:00 ]

大谷は練習を終え喉をうるおす

 日本ハムの二刀流ルーキー・大谷のブルペン調整が再考されることになった。

 ブルペンで75球を投げた3月31日の西武戦(西武ドーム)は代打で三ゴロ。栗山監督は「みんなが思ってる以上に疲れている。あんなに球数がいるのか確認している」と、野手での出場に影響が出ることを懸念した。この日はロッテ戦(QVCマリン)が雨天中止となり、室内練習場で野手メニューの調整。外野手として返球する際のステップを入念にチェックした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月3日のニュース