早大・有原 投げて打って3勝目「たまたまです」

[ 2012年9月30日 06:00 ]

<早大・立大>6回2死満塁、早大・有原は中前に勝ち越し2点適時打を放ちガッツポーズ

東京六大学野球第4週第1日 早大4―2立大

(9月29日 神宮)
 1回戦2試合が行われた。第1試合では早大・有原航平投手(2年)が8回2失点で今季3勝目をマーク。6回には自らが決勝打を放ち、立大を4―2で下した。第2試合では東大が先発全員安打をマークするなど、慶大相手に5―5で引き分けた。

 今季から先発に転向した早大・有原が、苦しみながらも3勝目を挙げた。3回までに2本塁打を許したが、その後は8回まで無失点で切り抜け「打たれたことは忘れて、0点でいこうと思いました」と汗を拭った。同点の6回2死満塁では中前に2点タイムリーを放ち「バッティングはたまたまです」と照れた。岡村猛監督は「有原が投げて打って、1人でシナリオを書いた」と称えていた。

 ▼立大・大塚淳人監督(逆転負けに)一生懸命やっているが、勝負どころで点が取れない。厳しい戦いですね。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年9月30日のニュース