星野監督 CS諦めん「殺されるまでやらなあかん」

[ 2012年9月30日 06:00 ]

<ソ・楽>ソフトバンクに勝利しナインを出迎える楽天・星野監督(中)

パ・リーグ 楽天8―4ソフトバンク

(9月29日 ヤフーD)
 崖っ縁で踏みとどまった。楽天は負ければ自力でのCS進出の可能性が消える3位・ソフトバンクとの直接対決に快勝。星野監督は「残りは全部勝つ。みんなもそうだと思うが(CSを)諦めていない」と気勢を上げた。

 先発の辛島が3回途中4失点の乱調。それでも打線が奮起した。2点を追う5回に4番のガルシアが逆転2ランを放つなど一挙3点を奪い、7回も銀次の適時打などで3得点。計3打点を記録したガルシアは「CSの可能性がゼロになるまでやるだけ」と意気込んだ。

 ソフトバンクとは2・5ゲーム差だが、直接対決がまだ2試合残っており、シーズンの残り試合数も多いため、自力でのCS進出の可能性も残っている。「最後の最後、殺されるまでやらなあかん」と星野監督。残り8試合。奇跡を信じて、一戦必勝の戦いを続ける。

 ▼楽天・銀次(5、7回に適時打を放つなど4安打3打点)打席では思い切って打ちにいった。よかったです。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年9月30日のニュース