京都・三浦が女子プロ野球初の満塁弾

[ 2012年3月27日 06:00 ]

<兵庫・京都>女子プロ野球リーグ初の満塁本塁打をランニング弾で飾った三浦伊織

日本女子プロ野球リーグ 京都16-5兵庫

(3月26日 京セラドーム)
 3年目を迎えた日本女子プロ野球リーグは26日、京セラドーム大阪で開幕し、初優勝を狙う京都が3年連続総合優勝を目指す兵庫に快勝した。京都は2―1の3回に4安打を集中して4点。4回には相手投手の制球の乱れと、三浦のリーグ初となるランニング満塁本塁打などで10点を挙げ、試合を決めた。27日には新球団の大阪が登場。京都、兵庫と同球場でダブルヘッダーを行う。

 京都が2年連続の開幕戦勝利。ヒロインは3番の三浦だ。4回、兵庫の新人・中川の乱調につけ込み、6点を挙げ、なお2死満塁から初球の甘く入った直球をジャストミート。打球は中堅手・新原の頭を越えフェンス際まで転がった。「一塁を回ったところでいけるかなと。三塁ベースコーチも(手を)回していたので、いくしかないと思った」

 50メートル6秒6の快足を飛ばし、一気に本塁へ。最後はタッチを避けて滑り込んだ。リーグ3年目で通算3本目の本塁打。過去2本はいずれも小西(当時兵庫)で、満塁弾は初の快挙だった。実は一昨年、昨年もチャンスがあったが、一昨年は本塁で憤死、昨年は三塁で止まって逃しており「しっかり走ってよかった」と笑った。初回には先制二塁打、3回にも遊撃内野安打を放ち、3安打5打点の活躍。2年連続で打率3割をマークしながらタイトルとは無縁だったが、目標のMVPへ好スタートを切った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年3月27日のニュース