楽天 球団通算500敗…今季初の最下位転落

[ 2011年6月4日 21:59 ]

7回、2点目を失いベンチで渋い表情の楽天・星野監督
Photo By スポニチ

交流戦 楽天0-2巨人

(6月4日 東京ドーム)
 貧打の楽天は力なく巨人に連敗。球団創設7年目で通算500敗目となった試合で今季初めて最下位に転落した。真っ先に引き揚げた星野監督は「武器を持たずに戦ってるようなもんや」と顔を紅潮させて口にした。

 1回2死一、三塁の好機を逃し、その裏に先制ソロを浴びると早くもベンチは敗色濃厚のムードに包まれた。その後は散発の単打4本だけ。結局、走者を得点圏に進められたのは一回が最初で最後だった。

 田淵ヘッド兼打撃コーチは「攻める気持ちがない」と気迫不足を指摘する。「がんばろう東北」の合言葉を胸に刻んだはずのナインに、早くも正念場が訪れた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年6月4日のニュース