打たれた元広島ルイスが褒めた「イチローはすごく感じのいい人」

[ 2011年3月28日 09:09 ]

レンジャーズ戦の1回、右前打を放ち一塁へ走るマリナーズのイチロー

オープン戦 マリナーズ4―5レンジャーズ

(3月27日 ピオリア)
 マリナーズのイチロー外野手はレンジャーズ戦に「1番・右翼」で出場し、3打数2安打だった。内容は右前打、見逃し三振、投強襲安打。6回の守備から交代し、チームは4―5で敗れた。

 イチローは元広島のルイスから2安打した。1打席目はバットの先で拾った打球が二塁手の頭上を越え、3打席目はルイスの脚ではねた打球が一、二塁間へ。どちらも会心の当たりではなかったが、しぶとい打撃でチームただ一人の複数安打とした。

 途中交代で引き揚げる際には、登板を終えてクラブハウスへ向かう相手先発と言葉を交わした。ルイスは「(打球が当たった)足は大丈夫か、と心配された。話したのは初めてだったが、すごく感じのいい人だったね」。(共同)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年3月28日のニュース