巨人・星ら、東北ナインに“甲子園の数珠”

[ 2011年3月28日 06:00 ]

贈られた数珠を披露する東北の吉川

第83回選抜高校野球 大垣日大-東北 

(3月28日 甲子園)
 東北ナインの元に27日、18個の数珠が届けられた。

 これは宮城県出身の巨人・星孝典捕手(28=仙台育英)をはじめ円谷、加治前ら巨人勢に加えて、亜大・東浜(沖縄尚学)、ヤマハ・戸狩(常葉学園菊川)ら大学、社会人のアマチュア選手らが、それぞれ甲子園出場の際に自ら持ち帰った土を提供。その土を塗り込んで作ったものを贈ったもので、自らも今回の震災で祖父母を亡くしている星は「宮城だけじゃなく、東北の代表として頑張ってほしい」と説明した。実家が停電や断水の被害を受けた捕手の吉川は「ありがたいです。試合ではこれをつけて頑張ります」と数珠を見つめながら静かに闘志を燃やしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月28日のニュース