PR:

「つなぐ」がテーマ 平松愛理22度目の阪神大震災復興支援ライブ

阪神大震災の復興支援ライブを行った平松愛理
Photo By 提供写真

 神戸市出身のシンガー・ソングライターの平松愛理(52)が14日、同市内で22度目となる阪神大震災の復興支援ライブ「2017KOBE MEETING1・17」を行った。

 「神戸から被災地をつなぐ」がテーマ。ゲストに昨年の熊本地震と11年の東日本大震災を念頭に熊本市出身の歌手中田裕二(35)と仙台市出身のタレント広瀬咲楽(19)を迎えた。最後には「美しき都」を3人で熱唱した。

 今回は会場にカフェを設け、熊本や東北の名産を提供。平松が用意したもので「食には音楽と同様のパワーがある。おいしいものを食べたハッピーな気持ちを共有し、被災地の方々とつながる場にしたい」と語った。

 これまで震災の起きた1月17日に開いてきたが昨年、多くの人が集まりやすいように土日祝日への変更を示唆。今回は14日の土曜日となった。

[ 2017年1月15日 06:12 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:06月23日02時〜03時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル

      スペシャルコンテンツ