PR:

千原ジュニア“地元”映画に感激「東京のスクリーンで流れるのは凄い」

初日舞台あいさつに登場した(左から)瑠東東一郎監督、松井愛莉、千原ジュニア、大東駿介、板尾創路、郷力也氏
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの千原ジュニア(42)が14日、主演映画「新・ミナミの帝王」公開初日舞台あいさつを都内で行った。

 自身も青年期を過ごした大阪・ミナミが舞台。「23歳くらいまで過ごした場所が、こうして東京のスクリーンで流れるのは凄い」と感慨深げ。

 吉本興業の先輩にあたる共演の板尾創路(53)が「(吉本に)入ってきたときは(兄でお笑いタレントの)千原せいじが自転車をこいでジュニアは荷台に立っていた」と裏話を披露し、ジュニアは「とんがってましたねえ」と懐かしんだ。

[ 2017年1月15日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:09月26日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル