PR:

巨人の契約金報道 朝日が読売に抗議書「事実に反する」

 プロ野球巨人の契約金超過問題に関する報道をめぐり、朝日新聞社は31日付朝刊で、読売新聞社に対し「事実に反する記述で名誉を損なった」などとする抗議書を送ったと報じた。読売新聞社は「抗議は不当な非難」などとした回答書で反論した。抗議書、回答書とも30日付で送付された。

 読売新聞社は27日付朝刊で、契約金問題に関して朝日新聞社が3月に報じた記事を誤報とした上で、前巨人球団代表の清武英利氏が内部資料を流出させた可能性が高いと結論づけた。さらに清武氏が朝日新聞記者に電話をかけた記録があることなどに触れ、「朝日新聞に持ち込む意図で資料を持ち出した可能性がある」と指摘した。

 朝日新聞社は抗議書で「誤報ではない」と主張。さらに「本社記者が清武氏の持ち出し行為を認識していたと印象づけるもので、事実に反する」などと批判した。

 また、朝日新聞社の第三者機関「報道と人権委員会」は31日、巨人が訂正記事の掲載などを求めた申し立てを審理対象とすることを決めた。阿部慎之助選手ら4選手と球団は「選手や球団の名誉を損ねた」などとして、4月27日付で申し立てていた。

[ 2012年5月31日 11:14 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月20日02時〜03時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム