PR:

大隣、粘って7回2失点にホッ!「何とか試合はつくれた」

交流戦 ソフトバンク2―2DeNA
(5月31日 北九州)
 ソフトバンクの大隣が7回2失点と粘りの投球で、8回の味方の同点劇を呼び込んだ。2回に2点を失ったが、3回以降は2安打に封じて無失点。左腕は「あの2点も防げた2点。でも何とか試合はつくれた」とほっとした表情だった。

 序盤で思うような投球ができなかったため、3回以降は、プレートの足を置く位置を三塁寄りに変えたという。「いちかばちかだった」という修正だったが、好結果につながった。

[ 2012年5月31日 23:05 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:07月22日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム

      スペシャルコンテンツ