PR:

高校野球福島大会 放射線量の測定は行わず、例年通り運営

 第94回全国高校野球選手権大会福島大会の運営委員会が31日、福島市で開かれ、今大会は球場での放射線量測定や開会式の簡素化を実施せず、例年通りの運営で行うことを決めた。今大会は福島市の県営あづま球場など6球場を使用。7月13日に開幕し、決勝は同27日に行う予定。

 昨年の福島大会は東京電力福島第1原発事故を受け、各球場で早朝に本塁付近やスタンドで放射線量を測定し、国が屋外活動制限の基準とした毎時3・8マイクロシーベルトを超えた球場では、その日の試合を中止する方針で開催した。昨年実際に基準を超えた球場はなく、除染も進んだことなどから、ことしは通常運営に戻す決定をした。

[ 2012年5月31日 17:46 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:07月28日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム

      スペシャルコンテンツ