PR:

責任感じる小山桂 好機に三振「気持ちを入れすぎてしまった」

交流戦 楽天2―4巨人
(5月31日 東京D)
 楽天の小山桂は攻守で責任を感じていた。リード面では6回無死一塁。高橋由に対する初球の直球は「内側のボールを要求した」。だが、真ん中高めに入り、2試合連続の2ランで試合を決められ、「Kスタでは今度こそ同じ間違いをしないように」と猛省した。

 4回の攻撃では1点を返し、なお2死一、二塁で空振り三振。「次が投手だったので、打たなきゃと気持ちを入れすぎてしまった」と肩を落とした。

[ 2012年5月31日 22:05 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月23日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム