女子マラソン 新谷仁美 日本記録更新にこだわる「目標は絶対に変えない」 28年ロス五輪挑戦に含み

[ 2024年5月31日 04:42 ]

アディダス主催のイベントに参加した新谷仁美
Photo By 共同

 女子マラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が30日、東京都内でアディダス主催のイベントに参加し、前田穂南(天満屋)が1月に樹立した2時間18分59秒の日本記録更新に今後もこだわり続ける意向を示した。

 「目標は絶対に変えない。協力してくれる人に何も返せないのが、生きる上で最も後悔として残る」と語った。酷暑を理由にマラソンで25年世界選手権東京大会を目指す意思はないと言い「狙うとしたらその先の五輪の方が現実的」と、40歳で迎える28年ロサンゼルス五輪挑戦には含みを持たせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年5月31日のニュース