脇元華「パットが凄く良かった」 1差4位の好発進 体力温存作戦奏功!

[ 2024年5月31日 16:46 ]

女子ゴルフツアー ヨネックス・レディース第1日 ( 2024年5月31日    ヨネックスCC=6339ヤード、パー72 )

<ヨネックスレディースゴルフトーナメント2024>6番、ティーショットを放つ脇元華(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 脇元華(26=GMOインターネットグループ)が4バーディー、ボギーなしの68で回り、4アンダーで4位と好発進した。

 ツアー初優勝を狙う脇元が1打差4位と好スタートを切った。「ショットがあまり良い状態ではなかった」という中、グリーン上がさえていた。9、11番で3メートルのチャンスを沈めて波に乗り、12番ではチップインバーディーを奪取。「今日はパットが凄く良かった」とうなずいた。

 今季ここまで全13試合に出場し、予選落ちは1度だけ。疲労の蓄積を感じたため、あえて開幕2日前の29日の夕方に新潟入りした。今大会は5度目の出場でコースを知っていることもあって、開幕前日のプロアマ戦で18ホールを回って最終調整。「体力を温存して、凄く良いリフレッシュができました」と明かした。

 18年7月にプロテストに合格し、プロ7年目を迎えた。今大会は同週開催の全米女子オープンに日本勢21人が出場していることもあって、メルセデスランク上位勢が出場していない。「チャンスはあると思っている。ただ、そこは意識しながらも意識し過ぎないように。自分のゴルフに集中して、結果が良ければいいなと思っています」。あくまでも自然体で戦い、念願の初優勝をつかんでみせる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年5月31日のニュース