古江彩佳「上手く耐えながらラウンドできた」 1オーバーで暫定14位発進 全米女子オープン開幕

[ 2024年5月31日 08:14 ]

米女子ゴルフツアー 全米女子オープン第1日 ( 2024年5月30日    米ペンシルベニア州 ランカスターCC=6629ヤード、パー70 )

古江彩佳(AP)
Photo By AP

 古江彩佳(24=富士通)は2バーディー、3ボギーの71で回り、暫定14位発進となった。

 前半は8番でバーディーが先行すると、スコアを1つ伸ばして折り返した。後半は風のジャッジに苦労しながらも、フェアウエーもグリーンも傾斜のきつい難コースで忍耐強くプレー。「上手く集中できて、難しいコースで風も吹く中、風も動いたりしていたのでそこをジャッジするのが難しかったんですけど、上手く耐えながらラウンドできたかなと思います」とうなずいた。

 シーズン前からパリ五輪切符を目標に掲げる中で、現在世界ランクは日本勢3番手の25位だ。2番手の山下とは僅差で逆転は十分可能。6月24日付の世界ランクで原則上位2人が代表に選ばれる中で、残り4試合を戦う。メジャーはポイントの加算も大きく、大会前には「ここの試合が今一番(大事)。五輪へ行くなら、この試合で決めておかないといけない」と意気込んでいた。

 まずまずの滑り出しを見せた24歳は「しっかり明日も集中してトップに追いついていけるように頑張りたい」と冷静に言い聞かせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年5月31日のニュース