竹田麗央 ショット好調も「パッティングが難しかった」 初メジャー全米女子OPは4オーバー発進

[ 2024年5月31日 09:36 ]

米女子ゴルフツアー 全米女子オープン第1日 ( 2024年5月30日    米ペンシルベニア州 ランカスターCC=6629ヤード、パー70 )

竹田麗央(AP)
Photo By AP

 竹田麗央(21=ヤマエグループHD)は3バーディー、7ボギーの74で回り、暫定52位となった。

 2番でボギーが先行するも、前半は3バーディーを奪いイーブンパーでターン。後半はグリーン前に池が待ち受ける難関12番パー3をパーで切り抜けるも、13、14番で連続ボギーを叩くなど苦戦した。

 この日、フェアウエーキープ率は85・714%と安定するも、傾斜のきついグリーン上で34パットと苦戦。「前半は凄くバーディーが取れてスコアを伸ばせたんですけど、後半はちょっと難しかったです。ショットは良くてフェアウエーもキープできていたので凄い良かったんですけど、パッティングがきょうは難しかった」と振り返った。

 今季国内ツアー3勝と好調を維持する中で、初めてのメジャー出場。21歳は「パッティングをもうちょっと修正して、あしたはしっかり攻めるところと守るところをメリハリつけてできたら良いかな」と思い描いた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年5月31日のニュース