小祝さくら「凄い難しいの一言」 2年ぶりの全米女子OPは2オーバー発進

[ 2024年5月31日 07:38 ]

米女子ゴルフツアー 全米女子オープン第1日 ( 2024年5月30日    米ペンシルベニア州 ランカスターCC=6629ヤード、パー70 )

小祝さくら
Photo By スポニチ

 2年ぶりの出場となった、小祝さくら(26=ニトリ)は3バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの72で回り、暫定30位発進となった。

 インスタートの難関12番パー3でダブルボギーが先行すると、前半はスコアを3つ落としてターン。後半は2番で初めてのバーディーを奪うと、最終9番もバーディー締めするなど巻き返した。

 22年以来2年ぶりの全米女子オープン出場。初日を終え、「凄い難しいの一言だったんですけど、その中でも後半はいいゴルフができたので最初の12番だったりは難しいなと感じました。最初は風も吹いてて耐えのゴルフになっていたんですけど、途中から風に慣れてきた部分もあってショットもいい感じにチャンスにつけることも後半できたり、そういったので何個かバーディを取れたかなと思います」と振り返った。

 世界ランキング75位以内に与えられる資格で今大会に出場。前週のリゾートトラスト・レディース後に渡米し、帰国後には宮里藍サントリー・レディース出場という3週間の強行スケジュールだ。その中でも26歳は「今日は凄い難しかったんですけど、このコースは風も吹くとさらに倍増するので明日はどうなるかわからないけど、また過酷な1日になると思うのでベストなプレーをできるように頑張りたい」と冷静に見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年5月31日のニュース