木下稜介 結婚後初の歓喜!「令和初のアルバトロス」思い出の大会で万感3年ぶりV 全英切符も獲得

[ 2024年5月27日 05:03 ]

男子ゴルフツアー ミズノ・オープン最終日 ( 2024年5月26日    岡山県 JFE瀬戸内海GC=7461ヤード、パー72 )

全英出場権を手にした(右から)桂川有人、木下稜介、高君宅
Photo By スポニチ

 首位タイから出た木下稜介(32=ハートランド)が3バーディー、2ボギーの71にまとめて通算12アンダーで21年以来3年ぶりのツアー通算3勝目を手にした。19年に“令和初”のアルバトロスを達成した縁のある大会で昨年1月の結婚後初Vを飾った。木下のほか、2位の高君宅(コ・グンテク、24=韓国)、3位タイで世界ランク最上位の桂川有人(25=国際スポーツ振興協会)が上位3人に与えられる7月の全英オープン出場権を手にした。

 ウイニングパットを沈めた木下は、3年ぶりの優勝をかみしめるように静かに右拳を握った。「最後は心臓が口から出そうだった。もう勝てないのかと思うこともあった。初優勝のようにうれしいです」と涙をこらえた。

 今平との我慢比べを制した。並んで迎えた13番。グリーン横からアプローチを寄せてパーセーブ。相手がボギーを叩き、単独首位に立つとそのまま逃げ切った。飛距離の出る若手が台頭する中、強化してきたのがショートゲーム。4日間のボギーは全体最少の4つと安定し「優勝につながった」とうなずいた。

 昨年1月の結婚後初勝利。妻は競技経験があり助言をもらう存在で「苦しい3年を支えてくれた」と感謝した。3年ぶりの全英切符も獲得。「今度は予選通過だけでなく優勝を目指して頑張る」と力強く宣言した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年5月27日のニュース