阿炎 「圧力」で大の里に完敗も…手応え十分「目指しているものに近づいている」

[ 2024年5月27日 05:00 ]

大相撲夏場所千秋楽 ( 2024年5月26日    両国国技館 )

<大相撲夏場所千秋楽>大の里(手前)に押し出しで敗れる阿炎(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 4敗勢で唯一、自力での逆転優勝の可能性があった阿炎は大の里に完敗し「圧力で負けた。向こうが強くて自分が弱かった」と潔く負けを認めた。

 決定戦に持ち込むことは「考えてなかった」と無欲で臨んだが、本割から優勝決定巴戦まで3連勝して賜杯を抱いた22年九州場所の再現ならず。

 それでも三役で初めて2桁勝利を挙げて大関獲りの起点をつくり「目指しているものに近づいている」と確かな手応えを得た。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年5月27日のニュース