×

SASUKEが五輪採用!?近代五種・馬術に替わる「障害物レース」候補に浮上 採用なら28年ロス大会に

[ 2022年6月28日 04:50 ]

五輪種目候補となった「SASUKE」のセット(C)TBS
Photo By 提供写真

 五輪競技の近代五種の一種目として、TBSが97年から放送する人気番組「SASUKE~Ninja Warrior~」が採用される可能性が出てきた。国際近代五種連合(UIPM)は5月の理事会で24年パリ五輪後に馬術を外して「障害物レース」を試験導入することを発表しており、トルコ・アンカラで28日に開催されるテスト大会で番組セットを使用。11月のUIPMの総会で採用の可否が判断される。

 人気テレビ番組が五輪に登場する仰天計画が進行している。SASUKEは160以上の国と地域で放映され、現地版も20カ国以上で制作されている世界的な人気番組。約10億人の視聴者がいるとされる。5月にUIPMがTBSに番組セット使用を要請して合意。UIPMのショーマン会長は「近代五種を五輪競技の中でも最も人気があり、ワクワクするスポーツへと変えるためのプロセス。テストイベントは非常に重要なステップ」とコメントした。

 トルコで開催中のテスト大会では欧州版にアレンジされた4種類のセットを採用。ポルトガルの倉庫から運ばれ、熱戦の舞台となる。番組プロデューサーの村口太郎氏は「世界中で人気となった番組がさらに大きく羽ばたく可能性があると聞いて興奮しております」と語った。

 近代五種は1912年ストックホルム五輪から実施され、水泳、フェンシング、レーザーラン(射撃+ランニング)、馬術の5種目で争ってきた。近代五輪創設者クーベルタン男爵が古代ギリシャで開催されていた古代五種を近代化したのが始まりとされる伝統競技だが、近年は人気が低迷。昨夏の東京五輪ではドイツ人コーチが馬を殴って問題視された。

 日本は60年ローマ五輪から近代五種に選手を派遣しているがメダリストはいない。日本近代五種協会の冨安一朗事務局長(53)は「他にも候補はあると聞いているが、日本由来のものが五輪競技になれば誇らしい」と歓迎した。番組セットを使用するテスト大会は7月にエジプトでも開催予定。現時点ではSASUKEのほか、軍隊式のトレーニングをアレンジした新競技など複数の候補が残っているとみられる。

 採用の可否は11月のUIPMの総会で決まり、12月のIOC理事会を通過すれば28年ロサンゼルス五輪から実施される見通しだ。昨夏の東京五輪ではスポーツクライミング、スケートボード、3人制バスケ、24年パリ五輪はブレイクダンスを新競技として採用。都市型スポーツの勢力が拡大する中、五輪存続のためにはなりふり構っていられない。近代五種がその名の通り、近代化する?かもしれない。

 ▽SASUKE TBSのスポーツバラエティー番組「筋肉番付」から派生した番組で、エンターテインメント性あふれるさまざまな障害物が配置されたコースの完走を目指す。97年9月に初回が放送され、その後も不定期ながら現在も継続中。165の国・地域で放送されるなど、世界的にも知名度が高い。筋肉番付と異なり出場者は一般人が中心だが、過去には元レスリング女子の吉田沙保里、元プロレス・総合格闘技の高田延彦らが参戦している。

 ▽近代五種 1912年ストックホルムで五輪に採用された当初は1日1種目の優雅なスケジュールから「王族・貴族のスポーツ」と呼ばれた。96年アトランタ以降は中継局の要望もあり、全競技を1日でこなす過密日程に変更。北京後の09年からは競技時間短縮のため、ランニングと射撃が合体してレーザーランとなった。昨夏の東京五輪では男女各2日間の日程で実施。ドイツ人コーチがジャンプと速歩をしなかった馬を殴って失格となり、虐待と批判された。この問題の影響もあり、UIPMは5月の理事会で28年ロス五輪までに馬術を除外して、新種目候補として障害物レースを試験導入することを決めていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年6月28日のニュース