×

男子SPへ日本勢が最終調整 友野22時44分、鍵山23時17分、宇野23時29分スタート

[ 2022年3月24日 19:32 ]

フィギュアスケート世界選手権第2日 ( 2022年3月23日    フランス・モンペリエ )

<世界フィギュア2022>サブリンクで午前の公式練習を行なった宇野昌磨(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 男子ショートプログラムを前にサブリンクでの公式練習が行われた。30人中22番滑走の友野一希(セントラルスポーツ)は本番衣装で準備を進めた。「ニューシネマ・パラダイス」の曲かけではジャンプは跳ばなかった。友野は日本時間22時44分に登場する。

 最終組の鍵山優真(オリエンタルバイオ・星槎)、宇野昌磨(トヨタ自動車)も本番衣装で最終調整。鍵山は「ウェン・ユア・スマイリング」の音楽をかけ、4回転サルコー、トーループの4回転―3回転を着氷。3回転半は2回転となったが、その後修正した。宇野は「オーボエ協奏曲」を流して4回転フリップ、トーループの4回転―3回転、3回転半を降りた。26番滑走の鍵山は日本時間23時17分、28番滑走の宇野は同29分から演技を始める。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年3月24日のニュース