水谷隼 五輪以来の実戦 ダブルスでストレート負け

[ 2021年9月23日 13:03 ]

卓球の水谷隼
Photo By スポニチ

 卓球のTリーグは23日、東京・立川立飛アリーナなどで行われ、第一線を退く意向を示している東京五輪混合ダブルス金、男子団体銅の水谷隼(32=東京)が琉球戦の第1試合で五輪以来となる実戦出場を果たした。

 水谷は田添健太(26)とのダブルスで出場。第1ゲームは4―1とリードしたものの、相手の5連続得点などで7―11で落とした。第2ゲームは序盤から連続得点で流れをつかみかけたが、粘ることができずに9―11でストレート負けした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月23日のニュース