遼 来季米下部ツアー予選挑戦に初言及「先を考えずやりたいことを」

[ 2021年9月23日 05:30 ]

<パナソニック・オープン練習日>1番、ワイルドになった石川は打球の行方を見つめる(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 男子ゴルフの石川遼(30=CASIO)が22日、国内ツアー、パナソニック・オープン(23日から4日間、京都・城陽CC)の会場で取材に応じ、米下部ツアー、コーンフェリー・ツアー挑戦について初めて語った。

 「先のことを考えずに自分のやりたいことをやってしまっている状態です」。日本が主戦場のスポット参戦では世界最高峰の米ツアーで優勝するのは難しい。6月の全米オープン出場後に、この秋の渡米を決断したという。

 米レギュラーツアーはその出場権を争う予選会を廃止した。同ツアーへのほぼ唯一の道がコーンフェリー・ツアーでポイントランク上位に入ること。石川はこの米下部ツアーの来季の出場権を争う2次予選(10月19日から4日間、米カリフォルニア州)から参戦。「僕には下積み(期間)がない」と話す石川が「1年間コーンフェリーでやってこそ今の自分のリアルが分かる」とまさに一から17年シーズン以来の米レギュラーツアーを目指す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月23日のニュース