バスケ女子代表・恩塚新監督 パリ五輪は金メダル目指す「世界一のアジリティーを追求」

[ 2021年9月23日 05:30 ]

22日、オンラインで記者会見するバスケットボール女子日本代表の恩塚亨新監督
Photo By 共同

 バスケットボール女子日本代表監督に就任した恩塚亨氏(42)は24年パリ五輪での金メダルに目標を定めた。

 16年リオ五輪はアナリスト、東京五輪ではコーチを務めており、チームの長所や課題、世界との距離などを熟知。「パリ五輪で金メダルを獲得し、皆さまと喜びを分かち合いたい。“世界一のアジリティー”を追求して、身長の高さをアジリティーで凌駕(りょうが)したい」と力を込めた。5連覇の懸かるアジア杯(27日開幕、ヨルダン)に向けて既に指揮を執っており、いきなり大舞台を迎える。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月23日のニュース