結婚記念日に!メドベージェフ 4大大会決勝で初の頂点「簡単な道のりではなかった」

[ 2021年9月14日 05:30 ]

テニス 全米オープン最終日 男子シングルス決勝 ( 2021年9月12日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

全米オープンで優勝したメドベージェフ(AP)
Photo By AP

 メドベージェフがジョコビッチの偉業を阻止した。最速209キロをマークした高速サーブで16本のサービスエースを記録。19年全米、21年全豪に続く3度目の4大大会決勝で初めて頂点に立ち「ジョコビッチは自分にとって最も偉大なテニス選手。4大大会を勝つのは簡単な道のりではなかった」と実感を込めた。

この日は結婚記念日。妻にプレゼントを用意しておらず「決勝で負けてもプレゼントを買いに行く時間はなかったので、勝たなくてはいけなかった」と笑った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月14日のニュース