ヤマハ発動機は24日にクボタ戦 ルーキーの庄司拓馬、奥村翔が先発

[ 2021年4月22日 19:52 ]

クボタ戦に先発し、キッカーを務める奥村。五郎丸(左手前)が見守る中で、練習
Photo By スポニチ

 ラグビートップリーグ・ヤマハ発動機は、24日、クボタとのプレーオフトーナメント初戦(2回戦、東京・江戸川)でフランカー庄司拓馬(22=立命大出)、FB奥村翔(22=帝京大出)が先発する。

 庄司は東海大大阪仰星高で副将で全国優勝し、立命大では主将とリーダーシップを備え、奥村は帝京大で1年から公式戦に出場してきた。ともに今月1日に入社。会社の新入社員研修を受けながら、Bチームの練習試合などで経験を積んできた。

 同期では、リーグ戦で天理大からクボタ入社のSH藤原忍(22)、早大からサントリーに入社したフランカー下川甲嗣(22)が、ともにリザーブからデビュー。庄司と奥村は「思い切りプレーしたい」と声を合わせた。

 今季限りで引退するFB五郎丸歩(35)は「コンディションが100%ではない」(堀川隆延監督)ため、メンバー外となった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月22日のニュース