×

五輪組織委 外国籍ボランティアの特例入国を検討

[ 2021年3月23日 05:30 ]

武藤敏郎事務総長
Photo By スポニチ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は理事会後の会見で、海外在住の外国籍ボランティアの受け入れを原則断念すると公表した。

 一方で、大会運営に必要不可欠な専門職については特別措置による入国を検討するとした。海外在住の外国籍ボランティアは約2300人。関係者によると、通訳など運営に必要不可欠なボランティアは約500人という。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月23日のニュース