×

遠藤、春場所10日目から休場 左ふくらはぎ肉離れ

[ 2021年3月23日 12:54 ]

遠藤
Photo By スポニチ

 大相撲の東前頭5枚目、遠藤(30)=本名・遠藤聖大、追手風部屋=が春場所10日目の23日、休場した。9日目を終えて5勝4敗。初日から左ふくらはぎにサポーターを施し不安をうかがわせていた。

 師匠の追手風親方(元幕内・大翔山)は左ふくらはぎの肉離れと説明。場所の1週間ほど前の稽古で負傷し、9日目の琴ノ若戦で悪化させたという。同親方は「(22日の夜は)階段を上がることができなかった。4、5日では無理だと思う」と離した。

 遠藤の休場は昨年秋場所以来7度目。10日目の対戦相手、明生は不戦勝。今場所の十両以上の休場者は白鵬、鶴竜の両横綱らに続いて5人目となった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月23日のニュース