春場所でも観客上限5000人継続、28日からチケット販売開始

[ 2021年2月16日 05:30 ]

 日本相撲協会は15日、春場所の1日あたりの観客上限を1月に行われた初場所と同じ5000人にすると発表した。

 初場所の開催方法を踏襲し、4人升席は2人で、イス席は、前後左右を空けて使用する。入場券販売は28日に協会の販売サイト「チケット大相撲」で開始。3月7日には「チケットぴあ」のサイトなどでも始まる。初場所で実施した先行抽選、コンビニ販売は今回行わない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月16日のニュース