北海道銀行“三度目の正直” ロコ・ソラーレ破り優勝!北京五輪出場へ望みつないだ

[ 2021年2月15日 05:30 ]

カーリング 全農日本選手権最終日 ( 2021年2月14日    北海道稚内市みどりスポーツパーク )

<カーリング全農日本選手権決勝>ショットを放つ北海道銀行の吉村(C)JCA IDE
Photo By 提供写真

 女子決勝、北海道銀行が18年平昌五輪銅メダルのロコ・ソラーレに7-6で勝利し6大会ぶり2度目の優勝。ロコ・ソラーレは連覇を逃し、今大会で22年北京五輪代表を決めることはできなかった。北海道銀行とロコ・ソラーレは、五輪代表決定戦(日程未定、稚内)で雌雄を決する。

 “三度目の正直”で北京への道がつながると、北海道銀行のメンバーが歓喜の輪をつくった。今大会連敗していたロコ・ソラーレに、決勝でリベンジ。負ければ五輪出場が消滅する大一番を制し、美しき司令塔・吉村紗也香は「優勝できて、とてもうれしい。最初から最後まで、一投一投つなげて勝利することができた」と笑みを浮かべた。

 ミスを乗り越えた。第4エンド、吉村のラストショットはハウスの中心にピタリ。だが、スイープしていた近江谷杏菜のブラシがストーンに当たり、無効になった。このエンドに2点奪われ、流れがロコ・ソラーレに傾きかけたが、「大丈夫だよ」と声を掛け合って全員で前を向く。不利な先攻の第9エンドはロコに狙い通り1点だけ取らせ、最終第10エンドで2点奪取の逆転劇につなげた。

 14年ソチ五輪に出場した小笠原歩の現役引退後、吉村は18年からスキップに。結果が出せず「やめたいと思わなかったといえばうそになる」と言うが、懸命に自らを磨いてきた。昨年10月、プロ野球・日本ハムで優勝に貢献したメンタルコーチの白井一幸氏が、北海道銀行と契約。心も鍛え、五輪3度出場の船山弓枝が「たたずまいから変化した。堂々としている」と言うほどの精神力を身につけた。

 昨年5月には札幌在住の一般男性と結婚。妻となって初めての日本選手権で、頂にたどり着いた。22年北京五輪の出場枠を争う国際大会の出場も決定。ロコ・ソラーレとは代表決定戦で雌雄を決する。

 「また基礎から見直して、一からスタートできれば」

 美しいショットを連発して、五輪出場の夢を現実に変える。

 ▽カーリング 氷上で石(ストーン)を滑らせてハウスと呼ばれる円の中心に最も近い場所を確保すると得点となる。ストーンの距離やコースなどを制御するため氷上をブラシでスイーピングする。五輪で採用されているチーム戦は4人で構成され、各選手2投ずつの計8投で1エンドで、1試合10エンド。エンドの最後のショットが最も展開に影響するため後攻が有利で、得点したチームは次のエンドで先攻となる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月15日のニュース