男女混合駅伝 3月21日に延期の方向で調整

[ 2021年2月10日 15:00 ]

 関西学生陸上競技連盟は10日、緊急事態宣言延長を受け、21日に開催を予定していた「全国招待大学対校男女混合駅伝」(大阪市・長居公園特設コース)を3月21日に延期する方向で調整していると発表した。

 関西学連選抜チームを含む全19チームが参加する日本初の男女混合駅伝で、今年の箱根駅伝に出場した東洋大や東海大など関東学連加盟校も「招待校」としてエントリーしていた。

 大会主催者は「コロナ禍で多くの学生スポーツが制限されている中、本大会の開催を希望する大学も多く、開催の可能性を議論した結果、緊急事態宣言の解除が見込まれる3月21日に延期の方向で調整しています」としている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月10日のニュース