初場所14日目 大栄翔、初の賜杯に王手 正代敗れ単独トップで千秋楽へ

[ 2021年1月23日 18:00 ]

<初場所14日目>玉鷲(手前)をはたき込みで下す大栄翔(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 大相撲初場所は23日、東京・両国国技館で14日目を迎え、西前頭筆頭・大栄翔は玉鷲をはたき込みで下して12勝目。優勝争い単独トップで千秋楽を迎えることとなった。また、これにより4敗力士の優勝の可能性が消滅し、優勝は大栄翔と正代の2人に絞られた。

 大栄翔と並んで2敗としていた大関・正代は関脇・照ノ富士にはたき込みで敗れて3敗に後退。トップを走る大栄翔と星の差1つで千秋楽を迎えることとなった。照ノ富士は三役復帰後2場所連続で10勝をクリア。大関復帰に向けて価値ある白星となった。

 大関・朝乃山は結びの一番で明生をはたき込みで下して白星を二桁に乗せた。このほか、琴ノ若が豊山を押し倒しで下して幕内で自身初の10勝目を挙げた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月23日のニュース